総合定跡のおすすめ本

将棋の定跡をテーマにした書籍をご紹介しています。個別の定跡を学ぶ前に、総合的な定跡について広く浅く学べる本です。

将棋・序盤完全ガイド (上野裕和)

序盤の定跡のマスターするのに最適。

振り飛車について、基本の戦法、歴史的な変遷、相関関係が理解できます。

非常にわかりやすい内容で、将棋の序盤が俯瞰できる良書。シリーズには相居飛車編もあります。

最前線物語 (深浦康市)

研究家としても知られる深浦九段による最新定跡ガイド。

あらゆる戦型をとりあげて、プロ将棋の争点となっている部分が理解できます。棋力向上はもちろんながら、プロ将棋観戦にも役立つ本。

最新戦法の話 (勝又清和)

主要な戦法について解説していますが、スペシャリストのインタビューが出色です。通常の定跡書とは異なり、読み物としても楽しめる将棋本になっています。

あえて難点をいえば、今では見かけることのなくなった「藤井システム」についてのページが多いことでしょうか。